スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

三ヶ月

2011.06.11 *Sat
東日本大震災から、三ヶ月が経った。


もう…なのか、まだ…なのか。



今もなお、避難所で暮らしている方にとっては、
まだ…なんだろう。



少しずつではあるけど、復興に向かってる地域もあるようだ。

それでも、まだまだある瓦礫の山。


今日は、学校へ行ってきたのだけど、
同じ学年の母から、
彼女の仕事の関係で、震災の話しを聞く事ができた。



震災があってすぐ、現地に向かった同僚の話しによると、
おびただしい、赤い旗・旗・旗…。

それは、亡くなった人がいる場所。


泥をかぶったまま、全く動かない人。
それは、大人だったり子どもだったり。
考えただけで、叫び出しそうになる。

その遺体の一つ一つを丁寧にきれいにするのだそうだ。
彼女曰く、誰かがやらなければいけないこと。
自衛隊や機動隊の人たちも、そんな風に考えてるんだって。
仕事だからとから、任務だからかとか、
ワタシにしてみたら、そういう風に思える彼女たちに
頭が上がらない。一緒に聞いていた、母友も同じ気持ちだろう。



それにしても、現地であんなに頑張ってる人もいれば、
政治家たちは、どんな事を思ってるんだろう?


昨日今日と、ほとんどニュースを観ていないから、
今はどうなってるかわからないけど、人を責めることは簡単だけれども、

今は、被災地をどんな事があっても、
一番に考え、復興に向けてやるべきことって、
沢山あるはずなのに、あの人たちの頭の中にあるものは、
一体なんなのだろう?

自分たちの体裁?

政党と政党が手を組んで、復興に全力を注ぐことが、
どうして出来ないのか。


まぁ…先日の自転車騒動や、学校の役員でモメてるワタシも小さい人間だけど…





着々と、街並みが元の通りになっていく様子を観たいし、
被災された方々も、それを望んでいることだろう。




こういうことがあると、自分が生かされているのか、
と時々思う。答えは見つからないのだけど、
今、自分がここにいるということは、
これからも、生きて行かなくてはいけないということ。


自分に出来る、わずかなこと。

被災地に行けないのなら、
募金と節電と、そして祈り。


今までも、これからも。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © この手握ってればいいね All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

プロフィール

haiji☆

Author:haiji☆
いつも心にFUNKを\(^o^)/










フリーエリア






カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -






マーリーの天気予報






やすらぎの癒し系名言集


presented by 地球の名言




FC2カウンター




メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:




検索フォーム






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる




QRコード

QRコード




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。